短い治療でシミを消す

お肌にある濃いシミの治療として効果のある方法は、皮膚科などで施術を行ってもらうレーザー治療やピーリングが挙げられます。

これらの施術を行う上でのメリットとしては見るからに効き目が分かり、短い治療でシミを消すことができるという点です。

医療機関に通わずに消したいなら、ドラッグストアなどで販売している色素沈着に効く薬を使用するか、できてしまったシミに効果的な美白成分ハイドロキノンが配合された化粧品を使用し、ケアすることができます。

気がつけばアラサーになっていて、仕事もあれこれ任されるようになり、毎日忙しくしているのですが、ある時、鏡に映った自分の姿を見て大変驚いてしまいました。

鏡に映りこんだ目の下のクマ、はっきり増えているシワ、これらが今の私の生活を形にして見せられたように感じました。

この時のことをきっかけとして、私は決心しました。

どんなに疲れて帰宅しても面倒がって洗顔すらできないまま朝まで眠ってしまったりせず、するべきケアをちゃんとして、お肌を守ってあげよう、シワの予防に努め、保湿もちゃんとしようと決めました。

肌トラブルの悩みと言えば、シミが多いことです。

加齢や直射日光を浴びたりすることで色素の沈着が生じることが要因となり、シミができると、実際の年齢以上に年を取ったような感じを持たせています。

顔にできてしまうのはひどく気になってしまうものですが、毎日の肌の手入れでシミを防ぐことが可能と言えますし、スキンケアが不十分でシミができてしまっても、他に方法はあります。

美容のために禁煙したほうが良いと言われています。

肌の下では毛細血管による代謝が休みなく行われていますがタバコに含まれる化学物質の影響で毛細血管が収縮する結果、肌に老廃物が残る結果になり、栄養や水分がますます運ばれなくなります。

表皮は普段バリア役として乾燥や刺激から肌を守っています。

その能力が落ちると真皮が乾燥したり再生に時間がかかるようになるため、いわゆる肌が老化した状態になり、小皺が出てくるのです。

禁煙は難しいかもしれませんが、「減煙」したからといって皮膚へのダメージは変わりません。

美肌が欲しければ喫煙はやめておいたほうが良いでしょう。

いい化粧品を買っても使い方が間違っていたらスキンケアに不可欠な効果を得られないということになります。

正しい順番と使用量を守って使うことが、必要な事です。

顔を洗った後には化粧水やミルキーローション、クリームを順番につかってみて大事な自分のスキンに水分を与えるようにしましょう。

美しい白色や保湿など目的に合わせて美しくなる化粧水を利用するのもいいですね。

虫刺されの痕をずっと掻いていたり、花粉症の時のように、一日中何回も鼻をかんだりすると、それだけで肌は薄くなるそうです。

肌の最も外に位置するのは表皮ですが、これは薄い層が重なった作りになっていて、掻いたり擦ったりを繰り返すと、表皮の薄い層はすり減っていきます。

表皮はいわば、皮膚のバリアですから、これがすり減ると、すぐ下の真皮も損傷を受ける確率が高まります。

真皮が損傷を受けてしまうと状況は深刻です。

真皮は肌を支える重要な力をなくして、シワやたるみが起こってしまうという訳です。

年齢を重ねたお肌は色素沈着によるシミがあるものです。

といいつつも、どうにかして改善できないか女性ならそう思うのではないでしょうか。

私の経験を言うと、最初にビタミンC誘導体を使用し、加えてハイドロキノンも試みてみましたが、それでも満足できず、今のところレチノールを主に使用しているのです。

肌にできたシミと戦うために必要な武器は、レーザー治療になるのかもしれません。

体調が崩れやすい季節の変わり目、それから過酷な夏が終わったばかりの秋から冬にかけての時季、肌の乾燥にはとても気を付けています。

気を付けていないと、いつのまにか目の周りはひどいちりめんジワで覆われていますし、乾燥肌をこじらせて赤くはらしてしまうこともあります。

トワエッセで乾燥は軽く考えてはいけません。

 

 

ボーナスがあっという間に消えてなくなる

ボーナスが出たので、ちょっと奮発して前から欲しかったコートを買う予定でした。

ところが先日、まだ3年半しか使っていない洗濯機が突然壊れてしまい、結局買い替えることとなりました。

ベランダに設置しているので、我が家の洗濯機は寿命が短いのですが、まさかこんなに早く壊れてしまうとは思ってもいませんでした。私にとっては痛い出費です。

それでもこの時点では、コートを買うのは諦めていませんでした。まだ余裕があったからです。

そんな私に止めを刺したのが冷蔵庫の故障です。

先週から冷えてない時があったので、とても嫌な予感がしたのですが、等々冷蔵庫が完全にストップしてしまいました。

16年使っていたので持った方だとは思うけど、今月洗濯機を買ったばかりなので、洗濯機以上の出費となる冷蔵庫の故障は、私にとっては大打撃でしかありません。

洗濯機が壊れた時も、コインランドリーでしのぐ生活が続きうんざりしましたが、冷蔵庫が使えないというのもかなり困りました。

まだ冬だったのが幸いですが、冷蔵庫に入っていたものは半分以上捨てることになり、冷蔵庫が届くまで外食生活をしいられたからです。

そして1番痛手となったのが冷蔵庫の出費です。

冷蔵庫って結構高いのです。

どうせ買うなら今より容量増やしたいなど欲も出てしまい、結局かなりお高い冷蔵庫を買ってしまいました。

洗濯機も冷蔵庫も新しくなったので、気持ち的には新しい家電って良いなとルンルン気分にもなるのですが、お財布を見ると現実が襲ってきます。

当然ですけど、コートなど買う余裕全くありません。

オシャレを楽しみたかったのに、家電という出費に見舞われて、あっという間にボーナスが消えてなくなってしまいました。

 

 

直ぐに骨折したりする

だいぶ前に録画した「ほんまでっかTV」を見ていたら、スポーツと健康の関係についてやっていました。

それによると、現代の小学生は、骨自体がすごく弱っているみたいですね。

ちょっと無理すると、直ぐに骨折したりするそうです。

だから、野球をやるのも、柔らかいバットとかでするみたいですよ。

まさに、へぇー、ほんまでっか?って感じです。

そう言えば、運動会とかで昔は定番のピラミッドとか、騎馬戦とかありましたけど、今はやると骨折するほどの怪我をするので、中止のところが多いとか。

確かに、私の時代もありましたけど、運動会で骨折したなんて話は聞いたことがなかったですね。

ということは、やっぱりそれだけ今の小学生は、骨が弱いってことなんでしょうね。

なので、運動会のメニューも、ケガの少ない綱引きだとか、借り物競走、大玉転がしなどがメインイベントになってたりします。

まぁ、そんな種目なら、スポーツが苦手な小学生でもケガなくできそうだから、そういう意味では学校側も安心なのかなって思ったりします。

あと、小さい頃からスポーツをやっているのとやっていないのでは、やっている方が頭がよくなるってデータもあるそうです。

確かに、スポーツをやっている子は頭の回転が良くて、成績も良かった印象がありますね。

今でも、出来るビジネスマンは、何らかのスポーツを定期的にやってる人が多いそうですよ。

つまり、心と頭はちゃんと一つにつながっているんだなってことの証明だと思います。

私も、妊娠したら元気な赤ちゃんを生みたいと思っています。

そして、小さい頃からスポーツ習慣をなるべくつけたいなって思うばかりです。

もっともその前に、私は便秘がひどいので、何とか改善しようとネットで見つけた酵素青汁111選というサプリをのんでいます。

そんな酵素青汁111選の効果が、最近になってやっと出てきた感じで、ほぼお通じが毎日あるようになりました。

この酵素青汁111選は口コミの評価も良くて、便秘の解消だけでなく、ダイエットやエイジングケアにもなるそうですよ。

 

 

すべて批判してしまいます

最近は自己啓発本や、有名な心理学者の名言などを、インターネットや書籍でよく見ます。

友人からも、この人の格言いいよと、外国の有名な心理学者の格言集を紹介してもらいました。

読んだ時はなるほど、いいことを書いてあると思い、感心はするのです。

しかし、だんだん読んでいるうちに、自分の行動ややることなすことを、すべて批判してしまいます。

例えば、「こうあるべきではない、こうあるべきだ」というパターンの格言が、妙に説教じみてきて、嫌気がさすことがあります。

また、大半の格言は参考になるのですが、中にはそういうものだろうかと、納得いかないものがあるのも事実です。

それに、よくありがちな矛盾している格言に、できないということは自分の可能性を限定しているようなものだからよくないとか。。。

逆に、そういうことを言う人は、良くないというような格言もあります。

その一方で、できないことをできないというのも、責任の取り方の一つである、という格言もある事例が見受けられます。

そういう場合、できないということが100%いいわけでも、悪いわけでもない、ケースバイケースなのだと思います。

つまり、グレーゾーンの解釈をすることが、一番いいのではと思いました。

できないと思っていることでも、工夫や自信からなんらかのやれそうな算段があるなら、できると言ってもいいと思います。

チャレンジ精神も大事ですからね。

しかし、明らかに自信もなく、物理的に無理なことをできると言ってしまうのは、単なる無謀で無責任です。

格言を何でもうのみにするのではなく、100か0かで考えず、50もありだと受け止めようと思います。

こう考えると、より格言の受け止め方が、ポジティブになると思いました。